FASH » [解説編]人によって色が異なって見えるドレス(白と金?青と黒)。原因は色覚の恒常性による錯視だった!

おすすめの記事!

スポンサードリンク

[解説編]人によって色が異なって見えるドレス(白と金?青と黒)。原因は色覚の恒常性による錯視だった!

色が違って見えるドレス?

 

Unknown-660x748

 

 

なんの変哲もないこちらのドレス。

青色黒色派と白色金色(ベージュ)派の戦いが、主にtwitterなどで続いています。

FASHでもこちらの記事のコメント欄で、異なる主張がなされています。

 

 

この記事の画像はみんな黒青に見えるみたいです

 

この記事では、ネタバレとして人により色が違って見える原因を解説します。

 

 

スポンサードリンク

色をめぐるTwitterの反応






 

twitterでもバズってます。

最後のツイートにあるように、反論したくなるのがバズった要因ですよね。

実際の色は青と黒(茶色)

 

この騒動に驚いたドレスの所有者の女性が、「ドレスの色は青と黒である」と断言しました。

 

wpid-tumblr_inline_nkebmcshcG1svicb3

 

 

また写真についても間違いなく、青色と黒色(茶色なので黒系なのは確か)です。

僕自身フォトショップで確認しましたし、adobeも「ends the debate(議論は終了)」と題して解析結果を公表しています。

 


原因は色覚の恒常性による錯視

 

このような錯覚が生じてしまった原因は、色覚の恒常性という現象にあります。

これは、視覚には知識や経験などによる補正がかかるというものです。

 

簡単にいうと、視覚は周囲の影響や知識経験により大きく異なって見えてしまうということです。

 

 

これは実例を通して見るとよりわかりやすいです。

色覚の恒常性による錯視の実例画像-1

 

上の画像が金色に見えればそれが錯視です。

実際の色は下のスポイトですが、「これは金閣寺である」という知識により、金色に補正して見えます。

 

 

Eyecolorconstancysignal2

 

この女の子の瞳もすべてグレーです。

しかし、同様の原理で瞳の色は左から水色・黄色・赤に見えるはずです。

このドレスもホワイトバランスの調整の違いが原因

 

今回のドレスの問題も上記の原理により、ホワイトバランスの調整度合いがそれぞれ異なった結果です。

 

具体的には、後ろの光に注目しすぎた結果、服が影になっていると認識したとします。

そうすると、ホワイトバランスを過剰に明るく補正した結果、白く見えます。

 

逆に、十分に明るい部屋であると認識すれば、暗めに補正し青色に見えます。

 

今回の騒動は、右脳左脳(笑)とかの違いではなく、単純に人間に本来備わっている機能が原因でした。

おまけTwitterで大喜利化



 

 

 

スポンサードリンク

関連記事もチェック!

インスタで人気のgenkingさんがゲイをカミングアウト。イケメンすぎると行列で人気爆発中!

【驚愕画像】日本よ!これがパリの最先端ファッションだ!(コムデギャルソン2015秋冬コレクション)

【画像】マスクを着けているように見えないマスクが女子に大流行中!これはブサイク大勝利ですわ…

【画像】女子高生が衝撃ツイート「このコート親にバカにされてめっちゃ原辰徳」[奥愛梨]

0コメント

おすすめの記事!

フォローして最新情報をGET!